公開日:  更新日: admin

トライバルタトゥーとは?- 種類とデザインまとめ

トライバルタトゥーの女性

トライバルタトゥーのデザインと、その意味種類について解説します。トライバルは、世界中で非常に人気が高いタトゥーのスタイルです。現在でこそカジュアルなデザインとしても認知されていますが、実はそのルーツは伝統的な部族に伝わる”身体装飾”にあります。

トライバルタトゥーとは?

トライバルタトゥー(背中)

トライバルタトゥーとは、タトゥーのスタイルのひとつです。

黒を基調とした直線・曲線を組み合わせたお洒落な模様が特徴的なデザインになります。

そもそもトライバル(Tribal)とは、英語で『部族の〜』を意味する形容詞です。その言葉通り、元々はポリネシア地域などに存在する部族間で伝承されてきた、土着信仰に基づいた身体装飾でした。

マオリ族とトライバルタトゥー

ほとんどの部族で黒基調のタトゥーなので、一見すると全て同じ種類のデザインに感じるかもしれません。しかし、サモアやマオリなどの部族ごとで、”デザインの特徴”や”文化的な背景”が異なります。そのため、一口にトライバルと言えども、「ポリネシアン サモア(Samoan tattoo)」「ポリネシアン マオリ(Maori tattoo)」など区別して扱うことがあります。

またそれゆえに、トライバルタトゥーが象徴する意味も、一概には定まっておらず、それぞれの部族によって異なります。

トライバルタトゥーの定義

現代における”トライバルタトゥー”という言葉は、本来の”伝統的な身体装飾のタトゥー”だけでなく、下記画像のようなカジュアルな作品を指すことも多いです。

Yun Song Yiさん(@yun_song_yi)がシェアした投稿

トライバルタトゥーは、80年代後半から一般の人々(主に欧米)の間にも広まりはじめたと言われています。

当時からファッション的な観点でも人気が高く、時代の流れの中で現代風にアレンジされていき、カジュアルなトライバルが誕生したと考えられます。

そして今では、これらのタトゥー全般を「トライバル」と総称する傾向があります。

“伝統的な”トライバルタトゥーのデザイン | 代表的な7種類をご紹介!

まずは伝統的なトライバルタトゥーから紹介します。

前述した通り、タトゥーを入れる目的は部族によって異なります。社会的なステータスを示すために入れることもあれば、通過儀礼や精神的信仰(スピリチュアルな力を呼び込む)など、様々な役割があったと言われます。

今回は代表的な7種類のデザインをピックアップしました。(実際には10種類以上あるので、気になる人は調べてみてくださいね!)

ポリネシアン サモア(Samoan tattoo)

ポリネシアン サモア
pinterest.jp/pin/168885054760484476/
pinterest.jp/pin/362962051202931503/

  • ポリネシア地域 サモア諸島で育まれたトライバルタトゥー。約2000年の歴史がある伝統的なトライバルです。
  • 部族内では男性(サモア戦士)のタトゥーをpe’a(ペア)、女性のタトゥーをMALU(マウル)と呼ぶ。
  • 伝統的なpe’a(ペア)は、腰〜膝下にかけて広範囲に彫られた大きなデザインが有名です。一方で”腕”や”胸”など特定箇所に彫るスタイルも、ファッションとして人気が高い。
  • デザインは、連続性のある帯のような模様が特徴的。

ポリネシアン マルケサス(Marquesan tattoo)

ポリネシアン マルケサス
pinterest.jp/pin/206461964150646779/
pinterest.jp/pin/852095191969601460/

  • ポリネシア地域 マルケサス諸島が発祥のトライバルタトゥーです。マケージャスタイルとも呼びます。
  • 黒く太いラインで描かれたアーチやサークルが特徴的。
  • 10代の少年達は通過儀礼で最初のタトゥーを入れる。その後、徐々に範囲を広げていき、老後には身体全体にタトゥーが入っている人も多かった。
  • (程度の差はありますが)ひとりひとりのデザインは全て異なっており、一種のアイデンティティとしても用いらていた。

ポリネシアン タヒチ(Tahitian tattoo)

ポリネシアン タヒチ
pinterest.jp/pin/339177415661668870/
pinterest.jp/pin/858358010204193621/

  • ポリネシア地域 タヒチ島の民族で用いられたトライバルタトゥー。タヒチ語で入れ墨を意味する「タタウ」が、”タトゥー”の語源とも言われています。
  • デザインはアーチやサークルで構成されており、マケージャスタイルに似ている。
  • マケージャスタイルに比べると、黒ラインが少し細くなり、ライン同士の間隔(隙間)を活かしたデザインが多い印象。

ポリネシアン マオリ(Maori tattoo)

ポリネシアン マオリ
pinterest.jp/pin/307722587023128524/
pinterest.jp/pin/552253973035430790/

  • ニュージーランドの先住民であるマオリ族のトライバルタトゥー。
  • 伝統的なマオリのタトゥーはTā moko(タモコ)とも呼びます。精妙なラインで描かれた渦巻き模様が特徴的なデザインです。
  • 当時のマオリの文化では、身分が高い人の大半は、顔にタトゥー(Tā moko)を入れていました。逆にタトゥーのない人は、社会的地位が低いと見なされていました。
  • 顔のタトゥーが有名ですが、もちろん現在では、ファッション用途でTā moko風のデザインを顔以外に彫ることもあります。

ハイダ (Haida tattoo)

ハイダ トライバル
pinterest.jp/pin/466967055089751104/
pinterest.jp/pin/381328293444853806/

  • カナダのブリティッシュコロンビア州の先住民族、ハイダ族のトライバルタトゥーと言われています。
  • 通常のトライバルタトゥーと違い、黒色のみでなく、赤色のインクも用いられています。
  • ハイダ族はトーテムポールを彫っていた部族でもあり、彼らのトライバルタトゥーも動物や魚、人間を彷彿させるデザインが多い。

カリンガ (Kalinga tattoo)

カリンガタトゥー
pinterest.jp/pin/168885054760333824/
pinterest.jp/pin/64176363419918036/

  • フィリピン ルソン島の山奥に暮らす、カリンガ族のトライバルタトゥー。
  • カリンガ族の間では、女性は「美」を、男性は「勇気」を象徴する。また、カリンガタトゥーは「真の戦士」の条件とも言われている。
  • 伝統文化として何世紀にも渡って継承されており、現代でも、ルソン島でカリンガタトゥーを入れることが可能。

ボルネオ (Borneo tattoo)

ボルネオタトゥー
pinterest.jp/pin/457819118341857251/
pinterest.jp/pin/566257353123114036/

  • マレーシアのボルネオ島の部族にルーツがあるトライバルタトゥー。
  • 緩やかな太い曲線と、尖った先端が特徴的なデザイン。いわば現代的なトライバルと、非常に近いスタイルです。
  • 主なモチーフは、動物、花、樹木、果物、枝葉など、植物や生物が中心でした。

“カジュアルな”トライバルタトゥーのデザイン | モチーフと意味

続きましてはファッション用途でも人気が高い、”カジュアルなトライバルタトゥー”を紹介します。

それぞれのモチーフを、トライバルの黒い曲線がクール&お洒落に仕上げています。また比較的に小さめのデザインも多く、色々な部位に入れやすいのはとても嬉しいですね。

星(スター)

シンボルの意味:
「魔除け」「聖なる希望」「光の象徴」「運命(道しるべ)」など

ハート

Rebekka Juntunenさん(@rebekkaeliina)がシェアした投稿

シンボルの意味:
「愛・愛情」「生命」など

薔薇(バラ)

シンボルの意味:
「愛」「美」「繁栄」など

月(ムーン)

シンボルの意味:
「母性 」「希望」「道しるべ」「成長」「再生」「神秘的」など

蝶(バタフライ)

Steven Nguさん(@oon_tat2)がシェアした投稿

シンボルの意味:
「美」「変化」「成長」「復活(不死)」「恋人との絆」など

龍(ドラゴン)

Rachel Waddellさん(@burbageinktattoostudio)がシェアした投稿

シンボルの意味:
「皇帝(王者)」「立身出世」「神力」「守護」など

鳳凰(フェニックス)

Adam Harmonさん(@adamharmontattoo)がシェアした投稿

シンボルの意味:
「優美」「崇高」「平和」「夫婦円満」など

ヘビ(ウロボロス)

Mike Harringtonさん(@mike_ink_harrington)がシェアした投稿

シンボルの意味:
「再生」「永遠」「豊穣」「霊性(霊力)」など

虎(タイガー)

Dannyさん(@deezink503)がシェアした投稿

シンボルの意味:
「勇敢」「武勇(力強さ)」「権威」「金運(商売繁盛)」など

鯉(コイ)

Trent Stoneさん(@trentstone_tattoos)がシェアした投稿

シンボルの意味:
「立身出世」「飛躍」「成長」「生命力」「長寿」など

羽根

Jay Scarmatoさん(@jayscarmato)がシェアした投稿

シンボルの意味:
「自由」「解放」「向上」「飛躍」「幸運」「神のご加護」など

碇(アンカー)

Jenya Gonzalez (Sova)さん(@jenyas)がシェアした投稿

シンボルの意味:
「安定」「希望」「誠実」など

ツバメ(スワロー)

シンボルの意味:
「幸運」「(故郷・家族への)愛」「安全」「商売繁盛」など

フクロウ

Gilbertさん(@glsotelo91)がシェアした投稿

シンボルの意味:
「英知(知性)」「品格」「真理」「知恵」「招福」など

まとめ

いかがでしたでしょうか。

黒を基調とした直線・曲線で構成されたタトゥーは本当にお洒落ですよね。大きいサイズから小さいサイズまで、どれも非常に味のあるデザインに仕上がっています。

しかし、今回紹介したトライバルタトゥーは、ほんの一部でしかありません。トライバルの種類やモチーフは、まだまだ沢山あります。

本当の奥が深いので、ぜひ色々な人のデザインを参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク