公開日:  更新日: admin

LiLiCo(リリコ)さんのタトゥー 全13箇所をご紹介。【デザイン画像あり】

LiLiCo(リリコ)さんのタトゥーデザインを紹介します。コメンテーターとして活躍中のLiLiCoさん。実は数多くのワンポイントタトゥーを入れています。胸、背中、手首など全13デザイン。そこにはタトゥーに対するLiLiCoさんなりのこだわりがありました。

実はタトゥー愛好家のLiLiCoさん!

LiLiCoさんのタトゥー
https://www.pinterest.jp/pin/106186503694509475/

王様のブランチなどで活躍中のタレント、LiLiCo(リリコ)さん。自分の意見をハッキリと伝えるスタイルで、コメンテーターとしても非常に人気がありますよね。

実はタトゥーを愛好するタレントの1人です。過去にタトゥー雑誌のモデルになったり、インタビューにも堂々と答えています。

タトゥーはなんと全部で13箇所に入れているようです!今回はそんなLiLiCoさんのタトゥーデザインに関して解説します。

まずは簡単なプロフィールをご紹介!

生年月日:1970年11月16日(47歳)※2018年10月現在
出生地: スウェーデン・ストックホルム
職業: タレント、映画コメンテーター

父親はスウェーデン貴族の血を引くスウェーデン人で母親が日本人。18歳の時に単身で来日。母親の故郷で祖母が住んでいた東京都葛飾区に移住。

ご出身はスウェーデンなのですね。欧米は日本よりもタトゥーに関して寛容なため、タトゥーを入れることへの理解はありそうです!

また、過去にはプロレス活動も行っていたみたいです。

LiLiCo(リリコ)さんのタトゥーが入っている部位とは?(全13箇所)

全13個にタトゥーが入っているとLiLiCoさんはご自身で語られていました。

LiLiCoさんの13箇所のタトゥー
http://amiamiflower.up.n.seesaa.net/amiamiflower/image/lilico-tattoo-1.jpg

そこで、みんなのタトゥースタッフが頑張って全13箇所のタトゥーを探してみました!

おそらく13箇所のタトゥーは以下の部位に彫られていいます!(疲れた・・・)

  • 首(うなじ)のタトゥー
  • 左肩
  • 右胸
  • お腹
  • 背中(合計5箇所)
  • 右手の甲
  • 右腕
  • 右太腿

背中には5つのタトゥー、その他の部位は1個つずつで合計13個になります。

それでは、それぞれのデザインについて早速見ていきましょう!

LiLiCo(リリコ)さんのタトゥーデザイン!(全13箇所)

首(うなじ)のタトゥー

LiLiCo うなじのタトゥーデザイン

首は星のタトゥーが彫られています。

アウトラインのみのシンプルなデザインです。
ちなみに、星のデザインの意味は「魔除け」「希望」「光の象徴」「運命」です。

左肩のタトゥー

LiLICo 左肩のタトゥーデザイン

左肩はハートに翼(羽根)がついたデザインです。

「ハート」と「翼(羽根)」を合わせたデザインは可愛く仕上がるため、人気が高いモチーフになります。

右胸のタトゥー

LiLICo 右胸のタトゥーデザイン

画像だと隠れていて全て見えませんが、胸のデザインも「ハート」だと思われます。

トライバルのアウトラインが決まっています。こちらは、他箇所のハートとは異なり少しクールなテイストに仕上がっていますね。

お腹のタトゥー

LiLICo お臍のタトゥーデザイン

お臍(おへそ)の少し下には、トライバルの「太陽」のデザイン。

太陽のタトゥーは「勝利」「生命力」「情熱」「勇気」を意味します。

背中のタトゥー

LiLiCo 背中のタトゥーデザイン

合計5つの可愛らしい「ハート」が背中にはあります。アウトラインのみのシンプルなハートがプカプカ浮いていますね。

ハートは「愛」「命」の象徴です。

腰のタトゥー

LiLICo 腰のタトゥーデザイン

腰には「十字架」「荊(イバラ)」「ハート」、そして「翼(羽根)」を組み合わせたモチーフです。

実は翼のデザインは、後から付け足したとのことです。(離婚後に付け加えたとのことです)

結婚していたときは、荊(イバラ)と十字架のハートのみでした。当時の旦那さんとの「愛」の証”だった”と思います。

そして離婚時に、自由を意味する「翼(羽根)」を付け加えて考えられます。

LiLiCoさんのタトゥーの中で、一番印象的なデザインですね。

右手首のタトゥー

LiLICo 右手首のタトゥーデザイン

右手首にもトライバルのタトゥーがあります。荊(いばら)ラインの中心に「ハート」がデザインされています。

右手の甲のタトゥー

LiLICo 右手のタトゥーデザイン

実は右手にも小さなワンポイントタトゥーがあります。親指と人差し指の間に「ハート」のタトゥーがありますね。

アウトラインのみの可愛らしいデザインです。

右太腿のタトゥー

LiLiCo 右足のタトゥーデザイン

そして、最後は右太腿に大きな「ハート」のタトゥーがありますね。

また、ハートの中に文字も描いてあります。おそらく筆記体の英語で「Love」「Peace」「for you」と書かれていると思います。(※こちらの画像からスタッフが判断しました)

こちらはメッセージではなく、LiLiCoさんが大好きな「レスリー・キーさん(写真家)」のサインをタトゥーにしたそうです。他のハート違って細いアウトラインになっていますが、こちらもバッチリ仕上がっていますね。

タトゥーを入れた理由とは?

タトゥーを入れた理由に関して、LiLiCoさんは雑誌のインタビューで赤裸々に語っています。

初めてタトゥーを入れたきっかけ(ファーストタトゥー)

ファーストタトゥーのきっかけは「芸能界で羽ばたいていく決意」との旨を語っていました。

決意のイメージ

2001年に「王様のブランチ」への出演が決まった時は、ここから羽ばたきたいと思って、希望の羽根を入れました。

「私にとって、タトゥーは思い出」LiLiCoが身体に刻んだ人生 – withnews(ウィズニュース)

羽根ということなので、左肩にあるハート+翼(羽根)のタトゥーのことだと思います。

タトゥーを入れる理由とは

LiLiCoさんがタトゥーを入れる理由としては、上記のように決意や覚悟的な意味合い。そして、「嫌なことがあったときの切り替え」だと言っています。

ショックで悲しいイメージ

逆に、嫌なことがあって入れることもありますね。恋人にフラれたり、思うように仕事が入ってこなかったり。物理的に痛い思いをすることで、心が癒やされる。頑張ろうか、と思えるんです。

「私にとって、タトゥーは思い出」LiLiCoが身体に刻んだ人生 – withnews(ウィズニュース)

失恋したら髪を切ったりして気持ちを切り替えるのと同じような感覚だと語っています。

そのため、腰にある翼のタトゥーは当時の旦那さんと離婚したときに書き足したそうです。

逆に、嫌なことがあって入れることもありますね。恋人にフラれたり、思うように仕事が入ってこなかったり。物理的に痛い思いをすることで、心が癒やされる。頑張ろうか、と思えるんです。

「私にとって、タトゥーは思い出」LiLiCoが身体に刻んだ人生 – withnews(ウィズニュース)

日本でタトゥーを入れることへの想い

LiLiCoさんはタトゥーに対する想いとして以下のように語っています。

私にとって、タトゥーは思い出。人生の瞬間、瞬間を切り取っているような感じなんです。節目節目、人生のページをめくる度にタトゥーを入れる。ホームレス時代とか、母親との不仲とか、大変なこともありましたけど、そういうことがあっての私なので。いいも悪いもひっくるめて、LiLiCoという人生なんだと思ってます。

「私にとって、タトゥーは思い出」LiLiCoが身体に刻んだ人生 – withnews(ウィズニュース)

カッコよいですよね。タトゥーの楽しみ方は人それぞれですが、責任を持って入れていることが伝わりますね。

また、LiLiCoさんはタトゥーを全肯定しているわけではなく、しっかりとTPOに配慮すべきだと語っています。

TPOは大事です。特にテレビは誰がみているかわかりませんから、ファンデーションを塗ったり、時計をつけたりして隠しています。イヤな思いをされる方がいるといけないので。テレビ以外でも、目上の方とお食事する時には、ジャケットを着て隠すようにしてますね。

「私にとって、タトゥーは思い出」LiLiCoが身体に刻んだ人生 – withnews(ウィズニュース)

日本でのTPO イメージ

LiLiCoさんの母国スウェーデンをはじめ海外諸国と比べると、やはり日本はまだまだタトゥーへの偏見が強いです。

そのため、日本の人と接するときはTPOに配慮しているとのことです。

素晴らしい考えですね!

どうやってタトゥーを隠してるの?

テレビなど公共の場では、タトゥーを隠さなければいけないときがあります。

服装や特殊メイクなどでも勿論隠すことができますが、最近ではファンデーションシールなどカバーするケースも!以下のような高性能なタトゥー隠し製品があるのですね・・・

LiLiCoさんのタトゥーまとめ

LiLiCoさんの13個のデザインはいかがでしたでしょうか。

そして、LiLiCoさんのタトゥーへの想い・考えは素晴らしかったですね。

日本でタトゥーを入れるということ。

タトゥーの文化がまだまだ一般的でない日本だからこそ、LiLiCoさんのように個人がしっかりと考えた上でタトゥーを楽しむ必要がありますよね!

スポンサードリンク