公開日:  更新日: admin

紅葉(もみじ)のタトゥーの意味とは?イチョウ・カエデとの違いも解説

もみじのタトゥー(腕)

紅葉(もみじ)のタトゥーの意味を解説します。秋になると真っ赤に色づく紅葉(もみじ)日本の紅葉は特に美しいと言われており、その鮮やかな色彩は見る人を魅了します。そんな紅葉(もみじ)はタトゥーのデザインとしても、しばしば描かれる機会があります。今回は、そんな紅葉のデザインとその意味について解説します。※イチョウやカエデの意味についても解説します。

紅葉(もみじ)のタトゥーの意味は「自制(遠慮)」「大切な思い出」「美しい変化」など

モミジと女性

日本の秋を代表する景物である紅葉(もみじ)

真っ赤に染まった紅葉は和の風情もあり、秋の風物詩として日本人にはお馴染みですよね。

そんな紅葉ですが、タトゥーのデザインとしても描かれる機会があるモチーフです。紅葉単体のワンポイントも人気ですが、基本的には他のモチーフとセットのケースが多いです。(和柄の鯉のタトゥーとセットなど)

そんな紅葉の意味は以下通りです。

紅葉(もみじ)のタトゥーの意味

  • 節制(自制)
  • 大切な思い出
  • 美しい変化

主に以上となります。※銀杏(イチョウ)の意味はこちら。

また、一部の国・地域では異なる場合がございますのでご注意ください。あくまでご参考までにご覧いただけますと幸いです。

モミジとカエデのデザインについて

紅葉とカエデの違い

モミジとカエデを混同している人が多いので、まずは2つの違いについて解説します。

植物分類上ではカエデとモミジは区別はしません。 植物学的にはモミジもカエデも「カエデ」と言い、どちらも分類上カエデ科のカエデ属の植物です。 一般的には上述のとおりカエデの仲間の特にきれいな仲間(子供の手のような葉の形のやつ)をモミジと区別して呼んでいます。

イロハモミジ、ヤマモミジ、オオモミジなど葉が5つ以上に切れ込んで掌状のものをモミジと呼び、それ以外のトウカエデ(切れ込みが3つのもの)などをカエデと呼んでいます。

『紅葉(コウヨウ)と紅葉(モミジ)、カエデとモミジの違いは?』|RICOH Communication Club 経営に役立つ情報発信サイト

つまり、植物学上では両者とも“カエデ”の位置づけですが、葉の種類によって”モミジ””カエデ”を分けて呼ぶようになったということです。

しかし、モミジとカエデは花言葉(意味)が一緒です。すなわち、シンボルとしては特に区別されておらず、同じ意味を象徴するモチーフです。それゆえ、これから紹介する意味は、モミジとカエデの両方に該当する意味になります。

紅葉(もみじ)の意味は花言葉から由来。

トライバルのもみじ

紅葉(モミジ)が意味する「節制(自制)」「大切の思い出」「美しい変化」は、全て花言葉のから来ていいます。

ぞれぞれの由来は以下の通りです。

  • 節制(自制) ⇒ モミジの「葉」は鮮やかで美しいのに比べて、春に咲く「花」は控えめで目立たたないため。
  • 大切な思い出 ⇒ 秋と言えば紅葉の情景を連想する人が多いように、秋を代表する風情ある景色から由来したと考えられます。
  • 美しい変化 ⇒ モミジは、季節とともに美しいグラデーションで緑から赤に変化するため。

ちなみに「節制(自制)」の意味は、西洋の花言葉(Language of flowers)の「reserve」からきています。reserveの意味は広義で、ストイックに節制(自制)する意味で使われることもあれば「遠慮」を意味する言葉であります。

画像が紅葉(もみじ)の花です。たしかに控えめで遠慮しているように感じますね。(笑)

もみじの花

イチョウ(銀杏)はどんな意味?

さて、秋と言えば真っ赤な紅葉だけでなく、黄金に輝くイチョウ(銀杏)の葉も有名です。

紅葉とイチョウの赤と黄で織り成す景色は、息をのむほど美しいですよね。そのため、タトゥーでも、紅葉とイチョウをセットで描くデザインもあります。

イチョウと紅葉

イチョウの意味は、以下の通りです。

イチョウ(銀杏)のタトゥーの意味

  • 長寿
  • 鎮魂
  • 荘厳

上記の意味は、紅葉(モミジ)と同じく、花言葉から来ています。

それぞれ意味の由来は、イチョウという植物の特徴が深く関係しています。

実はイチョウですが、非常に枯れにくい樹木として有名です。その歴史は長く、なんと遥か2億年以上も前から地球に存在しており、生きた化石とも呼ばれることがあるほど。(2億年ってはんぱないですよね笑。)

その歴史の長さ、生命力の強さから「長寿」「鎮魂」「荘厳」の意味になったと考えられます。

紅葉とイチョウのタトゥーデザインをご紹介!

– 月(ムーン)と紅葉

– 鹿(ディアー)と紅葉

Oomphyさん(@oomphytattsnraps)がシェアした投稿

– 鯉と紅葉

Seongmin Rio Choさん(@rio_irezumi)がシェアした投稿

– スカル(ドクロ)と紅葉

– 和柄

Hard Core ⚰さん(@hardcore_07)がシェアした投稿

彫鮫🦈さん(@horisame)がシェアした投稿

– 洋柄

– ワンポイント

United Tattooさん(@united.tattoo)がシェアした投稿

– 首元

– 胸(肩)

Bullseye Tattoo CWBさん(@bullseye.tattoo)がシェアした投稿

– 背中

Phạm Mai-mèoさん(@phammaimeo)がシェアした投稿

– 脇腹(あばら)

Agnieszka Panekさん(@miss_pank)がシェアした投稿

– 腰

Tania Valluさん(@taniavallu)がシェアした投稿

– 腕

LuisEnriqueTattooさん(@enrique_tattoo)がシェアした投稿

– 足

タトゥーを隠したい場合は・・・

人生何があるか分からないですし、いざタトゥーを入れた後、やはり年に数回は隠さないといけないシーンが訪れるかと思います。

タトゥーを隠したい場合、ファンデーションシールというアイテムがあります。衣類やサポーターで隠すのもOKですが、最近ではこのような製品もあるのを覚えておきましょう。※肌の色味 / タトゥーの濃さによっては不自然になっちゃうときも・・・。ただし、手軽に目立たせなくできるため、状況によって使い分けてくださいね。

紅葉(もみじ)のタトゥー まとめ

いかがでしたでしょうか。

紅葉(モミジ)やイチョウのタトゥーは、鮮やかで美しいデザインが多かったですね。また、日本のイメージが強いモチーフなので、和柄との相性も抜群に良いです。

モミジ単体のワンポイントタトゥーは可愛いく仕上がっているように、デザインによってクールにもキュートにもなるモチーフです。

紅葉(もみじ)の意味に関する3ポイント

  1. 「自制(遠慮)」「大切な思い出」「美しい変化」などは、紅葉(もみじ)の花言葉から由来。
  2. イチョウ(銀杏)は「長寿」「鎮魂」「荘厳」の意味を持つ。
  3. 和の雰囲気があり、和柄と相性が良いモチーフ。

スポンサードリンク