公開日:  更新日: admin

パンサー(黒豹)のタトゥーの意味とは?※デザイン画像あり

黒豹のデザイン

パンサー(黒豹)のタトゥーの意味を解説します。アフリカで恐れられている肉食獣の豹(ヒョウ)。外見は猫のように可愛らしい姿をしていますが、獲物に対しては激しく襲いかかる凶暴な動物です。いわゆる”ヒョウ柄”と言われる毛皮のデザインは、タトゥーのみならずファッションでも人気が高いです。また、タトゥーの世界では、昔からオールドスクールの定番モチーフとして黒豹のデザインがポピュラーです。

パンサー(黒豹)のタトゥーの意味は「強者」「自由」「革命」「保護(守護)」など

ヒョウの写真

サバンナ地方に生息する豹(ヒョウ)※英語ではパンサー(英: panther)と呼びます。

アフリカでは危険な動物として恐れられており、ときには人を殺めることもあります。

通常の種であれば、特徴的な斑点模様(通称:ヒョウ柄)の毛皮ですが、個体の中には真っ黒のヒョウも存在します。これが黒豹(ブラックパンサー)です。遺伝的に突然変異が起こり、色違いで産まれたヒョウです。

この黒豹(ブラックパンサー)は、昔から様々なシンボルに用いられ、素敵な意味を多く持っています。ゆえに、タトゥーの世界では通常のヒョウだけでなく、黒豹(ブラックパンサー)も非常に人気が高いです。

そんなパンサーの意味は、以下の通りです。

パンサー(黒豹)タトゥーの意味とは?

  • 強者
  • 自由 ※主に黒ヒョウが有名
  • 革命 ※主に黒ヒョウが有名
  • 保護(守護)

などなど、主に以上となります。

また、一部の国・地域では上記と異なる意味で扱われる場合がございます。予めご了承くださいませ。本記事は、シンボルとして有名な意味のみをピックアップしておりますので、あくまで参考までにご覧いただけますと幸いです。

黒豹のトライバル

「強者」意味は、パンサーの強さから由来

威嚇するヒョウ

まずは、パンサーのタトゥーが象徴する「強者」の意味について解説します。

皆さんご想像の通り、動物としての豹(パンサー)の強さから由来しています。走ることはもちろん、飛ぶこと、登ること、泳ぐこと、全ての能力が優れている非常に万能な動物です。

また、凶暴な性格をしており、サバンナ地方でパンサーの標的にされたら最後、生きて帰れないことも多いです。

ちなみに、主な狩りの方法は奇襲だそうです。

主な狩りの方法は、ヒョウ柄の体毛を茂みや、木に溶け込ませて姿を隠し、獲物が近づいたら一気に襲いかかる。ヒョウ柄は強力な迷彩で、動物の目ではかなり見つけにくく(人間もだが)、加えて足音もあまりしないため、奇襲に秀でている。跳躍力に優れ、木登りに向いている体格であり、他の捕食者が来られないような高さまで登ることができる。

ヒョウとは (ヒョウとは) [単語記事] – ニコニコ大百科

ただでさえ逃げ切れないレベルで脚が速いのに、奇襲が得意だなんて・・・。少し考えるだけでも恐ろしいですよね((((;゚Д゚))))

黒ヒョウは「自由」「革命」のシンボル?

続いては「自由」「革命」の意味についてです。※主に黒豹(ブラックパンサー)が象徴する意味になります。

これらの意味は“ブラックパンサー党”の歴史から由来しました。

黒豹党(ブラック・パンサー党)

ブラックパンサー党とは?

ブラックパンサー党とは、1960年代〜1970年代のアメリカで、「革命による黒人解放」を目的に、黒人民族主義運動・黒人解放闘争を行っていた組織です。このブラックパンサー党のシンボルが、その名の通り黒豹(ブラックパンサー)だったことから、タトゥーのモチーフとしても「革命」「自由(解放)」の象徴になったと考えられます。

ブラックパンサー党の活動風景

ブラックパンサー党の活動が始まった1960年代頃から、若いアフリカ系アメリカ人(黒人)の間で、ブラックパンサーのタトゥーが流行しました。当時はオールドスクールのタトゥーが絶大な人気を誇っていたため、その名残で黒豹のデザインもオールドスクールの定番のモチーフとして、現代まで継承されたと考えられます。

Robert Parsonsさん(@parsoart)がシェアした投稿

パンサーの「保護(守護)」の意味について

ヒョウのお母さん

最後に「保護(守護)」の意味についてです。

その他の意味に比べると少しマイナーな話ですが、パンサーは「保護」「守護」を象徴する動物として一部で扱われることがあります。

ちなみに、ディズニーの映像作品である『ジャングルブック』でも、主人公の保護者役は黒豹です。※ジャングルブックとは、赤ん坊の頃から動物達に育てられた少年の成長を描いたストーリーです。

アフリカでは多くの野生動物が生息しているため、母親のパンサーは子供を守るために必死に闘う必要があります。

また、少し残酷な話ですが、ヒョウは見知らぬオス(のヒョウ)からも攻撃を受けることがあるそうです。(子を失ったメスと、交尾するためと言われています。)

そのときに母親のパンサーは、オスに対しても勇敢に立ち向います。

ハンター氏のチームは、南アフリカ共和国のクルーガー国立公園周辺で13年前からヒョウの子殺しを調査している。死亡を確認した子ヒョウ280頭のうち、45頭はオスに殺されていた。

新たに縄張りを獲得したオスにとって、子殺しには合理的な理由がある。子を失った母親が発情し、交尾の機会が増えるからだ。自分の遺伝子を残すことが最優先で、「継父にはなる余裕はない」という。

もちろん母親は、見知らぬオスから子どもを守ろうとする。

オスのヒョウの子殺し、撮影に成功

パンサー(黒豹)のタトゥーデザインをご紹介

– 地を這う黒豹

– 通常の豹(パンサー)

Wolfさん(@phdwolfmd)がシェアした投稿

Gi Giさん(@gigitattoos)がシェアした投稿

– 花と黒豹

Vincent Rizzoさん(@r.izzo)がシェアした投稿

– ナイフと黒豹

– スカルと黒豹

valentin tattooさん(@valentin.tatau)がシェアした投稿

– トライバル

Sebastian Stigmaさん(@sebastian.stigma)がシェアした投稿

– オールドスクール

– ニュースクール(ネオトラディショナル)

– 肩

Johnny.R.Romoさん(@johnny_r_romo)がシェアした投稿

– 胸

JACKŌTATTOO93さん(@jackotattoo93)がシェアした投稿

– 背中

Slipoさん(@hairy_hand)がシェアした投稿

Ace Kustom Tattooさん(@acekustomtattoo)がシェアした投稿

– 腰

– 腕

Cloak and Daggerさん(@cloakanddaggerlondon)がシェアした投稿

– 足

THE JAKELEEさん(@thejakelee)がシェアした投稿

タトゥーを隠したい場合は・・・

人生何があるか分からないですし、いざタトゥーを入れた後、やはり年に数回は隠さないといけないシーンが訪れるかと思います。

タトゥーを隠したい場合、ファンデーションシールというアイテムがあります。衣類やサポーターで隠すのもOKですが、最近ではこのような製品もあるのを覚えておきましょう。※肌の色味 / タトゥーの濃さによっては不自然になっちゃうときも・・・。ただし、手軽に目立たせなくできるため、状況によって使い分けてくださいね。

パンサー(黒豹)のタトゥー まとめ

いかがでしたでしょうか。

パンサー(黒豹)のタトゥーは男女ともに似合うクールなデザインが多いですよね。パンサーのタトゥーは、”地を這うポーズ” & “顔のみ”の2パターンのデザインが人気が高いです。好きなモチーフと組み合わせて、オリジナリティを出すデザインが多い印象です。

素敵な意味を多くもつ特徴的なモチーフなので、ぜひご検討してみてくださいね。

パンサーの意味に関する3ポイント

  1. 凶暴なパンサーは、シンボルとしても「強者」の象徴。
  2. 1960年代のブラックパンサー党のモチーフになっている黒豹は、「自由」「革命」を意味するシンボルでもある。
  3. ブラックパンサーは、オールドスクールの定番モチーフ

スポンサードリンク