公開日:  更新日: admin

王冠(クラウン)のタトゥーが持つ意味とは?※デザイン画像あり

王冠のタトゥー(腰)

王冠(クラウン)のタトゥーの意味を解説します。大昔より王様が身につけていた王冠(クラウン)。絶対的な権力者の証でありました。選ばれし者だけが許された王冠(クラウン)は、タトゥーでも人気のモチーフとなっております。

王冠(クラウン)の意味は「自信」「正義」「勝利」「栄光」「統率力」「知恵」

キラキラ輝く金の王冠

古来より選ばれし者だけが被ることを許された「王冠(クラウン)」

権力者を象徴である王冠(クラウン)は、私達の生活の中でもチャンピオンの証として認知されています。シンボルマークとしても有名で、例えば、自動車のクラウンとか、チャンピオンベルト等のモチーフにもなっており、日本でも馴染みがありますよ。

実はタトゥーのデザインでも、王冠(クラウン)は人気が高いです。

王冠(クラウン)は、ポジティブな意味が多く、オシャレなデザインに仕上がるモチーフです。大きなサイズからワンポイントまで、様々なニーズにフィットするのも嬉しいですよね。

王冠(クラウン)のタトゥーの意味

  • 自信
  • 正義
  • 勝利
  • 栄光
  • 統率力(リーダーシップ)
  • 知恵

主に、以上の意味が有名です。(・・・やはり「王様」と関連が強そうな意味ばかりですね(笑))

※一部の国・地域では、異なる意味で用いられることがありますのでご注意ください。また、今回ご紹介する意味は、代表的な一部のみです。例えば上記以外では、「長寿」「高潔」などの意味で扱われることがございます。

あくまで参考までにご覧いただけますと幸いです。

クラウンのタトゥー

王冠のタトゥーは「自信」「正義」の意味をもつ

まずは「自信」「正義」の意味についてです。

これらは、「王冠(クラウン) = 権力者の証」であることから由来しています。

王様のイメージ

民主主義の今では考えられませんが、大昔には王様は実在しており、かつ絶対的な存在でした。

そんな王様が身に着けていたのが王冠です。

ちなみに、神と同様に扱われていた時代もあったそうです。どんな理由であろうと王様に逆らったら悪と見なされ、追放されることもありました。(怖)

絶対的な権力者としての「自信」。そして、自分の存在こそが「正義」ということですね。

ちなみに昔の王様は自分勝手だったかもしれませんが、決して王冠のタトゥーは傲慢を意味するわけではないので、ご安心下さいね。(笑)もちろん民衆に尊敬されていた王様もいるわけで、結局は自信も正義も使い方次第ですよね。

勝利のイメージ

自信(プライド)や信念を大切にしたい人にとって、オススメのタトゥーのモチーフです。

「勝利」「栄光」の象徴である王冠(クラウン)

チャンピオンの男性

続いては「勝利」「栄光」の意味についてです。

皆さんご存知の通り、王冠(クラウン)はチャンピオン証として有名ですよね。

つまり、頂点に立つ者(王者)が着けるに相応しいマークなのです。

冠(かんむり)の歴史はとても長く、大昔のオリンピック(オリンピア祭)まで溯ります。

そもそも王冠が「チャンピオン」の意味を象徴するようになった理由は、昔のオリンピックの優勝者に、冠(かんむり)が贈呈されていたことが由来と言われています。しかしながら、厳密に言うと、当時の冠(かんむり)は、ピカピカなものではなく、オリーブ冠”と呼ばれる草木で作られたものでした。

オリーブの冠を被る女性

昔は、金メダルではなく、冠(クラウン)を与えられたのですね。

このような背景もあり、王冠(クラウン)マークは「勝利」「栄光」としての意味合いが強くなったと考えられます。(政治的な権力者の意味だけではなく、スポーツなどにおいてもポジティブな意味を持つようになったのです!)

そして現代でも「優勝者 = 冠(クラウン)」のイメージは強いです。(トロフィーや優勝旗にも、王冠マークが使われていることが多いですね。)

それゆえ、スポーツ選手にも王冠(クラウン)のタトゥーを入れる人が多いです。・・・たしかに「勝利」「栄光」の意味に加え、前述した通り「自信」「正義」のシンボルでもある王冠は、競技者にとって縁起が良さそうです。

意外と知的!?「統率力(リーダーシップ)」「知恵」の意味について

王冠

最後は「統率力」「知恵」についてです。

パワフルな意味が多い中、知的な意味なので少し以外ですよね。

こちらの由来も、国を統治する王様(リーダー)から来たと言われています。

統率する者の証。すなわち「統率力(リーダーシップ)」のシンボルとしても王冠は用いられます。たしかに、国家のリーダーとして国民を引率するためには、相当な統率力と知性がないと務まりませんよね。

そして、冠(クラウン)は”頭”に被ることから、頭脳(知性)と結びつきが強く、「知恵」「洞察力」を象徴するモチーフとしても扱われることがあります。

知的なビジネスマン

現代では、頭脳派のリーダーも多いので、妙に納得できますね(笑)

王冠(クラウン)のタトゥーデザインをピックアップ!

– 薔薇(ローズ)と王冠

dahongさん(@dahong_tattoo)がシェアした投稿

– スカルと王冠

– ライオンと王冠

INKEDSEOULさん(@inked_seoul)がシェアした投稿

– オールドスクール

Fabio Ceriscioliさん(@fabio_bunker_)がシェアした投稿

– ニュースクール

EP tattooさん(@emiliano.p_tattoo)がシェアした投稿

– 耳の裏

@miriams_summativeがシェアした投稿

– ワンポイント

Riikkaさん(@riicca67)がシェアした投稿

– 首元

– 肩

ODI TATTOOさん(@odi.tat)がシェアした投稿

– 背中

wizardtattoo_Antonさん(@wizardtattoo4858)がシェアした投稿

– 胸

Sakdo(Black Work)さん(@sakdo_tattoo)がシェアした投稿

– 腰

Andy Heo(허성준)さん(@tattoo_andyheo)がシェアした投稿

– 脇腹(あばら)

– 腕

Blue Whale Ink Tattooistさん(@_park_tae_)がシェアした投稿

Ewelinaさん(@ewel.ina.en)がシェアした投稿

– 手首

안양타투さん(@shino_minitattooer)がシェアした投稿

– 指

Lior Lさん(@lior_lachman)がシェアした投稿

– 足

– 足首

Tattooist_Rozeさん(@roze_tattoo)がシェアした投稿

タトゥーを隠したい場合は・・・

人生何があるか分からないですし、いざタトゥーを入れた後、やはり年に数回は隠さないといけないシーンが訪れるかと思います。

タトゥーを隠したい場合、ファンデーションシールというアイテムがあります。衣類やサポーターで隠すのもOKですが、最近ではこのような製品もあるのを覚えておきましょう。※肌の色味 / タトゥーの濃さによっては不自然になっちゃうときも・・・。ただし、手軽に目立たせなくできるため、状況によって使い分けてくださいね。

王冠(クラウン)のタトゥー まとめ

王冠(クラウン)のタトゥーはいかがでしたか?

まさに王者にふさわしいクールなデザインも多いですが、ワンポイントだと女性にも似合う可愛いデザインに仕上がります。

また、モチーフの意味にも歴史があってとても興味深かったですね!

王冠(クラウン)の意味の3ポイント!

  • 王冠マークは、絶対的な「自信」「正義」の象徴
  • 競技などのチャンピオンの証から「勝利」「栄光」のモチーフとして扱われている
  • パワフルな意味だけなく「統率力」「知恵」などの知的な意味もあります

スポンサードリンク