公開日:  更新日: admin

簡単!タトゥーシール(フラッシュタトゥー)の剥がし方 代表的な5つの方法

タトゥーシールの剥がし方(サムネ)

タトゥーシール(フラッシュタトゥー)の剥がし方を徹底解説します!タトゥーシールを思い切り楽しんだ後は、綺麗サッパリ剥がす必要があります。しかしながら、シールの粘着力がまだ残っている場合、無理やり爪で引っ掻いても簡単には剥がれません。なかなか取り除けず、困った経験をした方もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方に必見です!タトゥーシール(フラッシュタトゥー)を、簡単&綺麗に剥がす5つの方法を紹介します。

① オイルで剥がす(ベビーオイル)


まずはオイルを使ってタトゥーシールを剥がす方法です。

結論から言うと、こちらがもっとも簡単に剥がせます。

肌に優しい”ベビーオイル”がオススメですが、オリーブオイルクレンジングオイルでも問題なく代用できます。(基本的にヌルヌルするものほど、剥がしやすいです。)

手順 ※動画を参照

  1. オイルをシールの上に塗ります。
  2. 3〜5分、シールの上から肌に馴染ませるように擦ります。
  3. 徐々に、オイルの油分でシールが滑るように剥がれてきます。
  4. 剥がれやすい状態になったら、指でつまんで取り除いてOKです。
  5. 綺麗にとれたら、ティッシュや水で洗いながしましょう。

特徴(メリット・デメリット)

  • メリット:強くこする必要がないので、全く痛くありません。間違いなく一番肌にやさしい。
  • デメリット:オイルを馴染ませるまで、数分かかってしまいます。

② ネイルの除光液で剥がす(消毒用アルコール)

除光液でシールを剥がす

ネイルの除光液を使って剥がすこともできます。

ネイルを楽しむ女性なら、必ず持っている道具で剥がせるのは嬉しいですよね!また、消毒用アルコール(エタノール)でも代用が可能です。そため、男性は薬箱を探してみてくださいね。※消毒用アルコールは肌への刺激を少し強いです。使用量に注意して、使いすぎないようにしましょう。

また結構ゴシゴシしなと落ちないので、人によってはヒリヒリする痛みがあります。

手順

  1. 除光液を、コットンに染み込ませます。
  2. 湿ったコットンで、タトゥーシールを擦ります。
  3. 1回の作業で取り切れなかったら、何度も繰り返して綺麗にします。
  4. シールを剥がし終わったら、お湯と石鹸で肌についた除光液(消毒用エタノール)を洗い流してください。※除光液のアセトンという成分は引火性(燃えやすい)が強いです。肌に残っていると、引火し、火傷する危険性があるため、しっかり落としてくださいね。

特徴(メリット・デメリット)

  • メリット:(女性であれば)身近なアイテムである除光液で剥がせる!
  • デメリット:強くこするとヒリヒリ痛むことがある。

③ セロハンテープで剥がす

テープでシールを剥がす

多少強引ですが、セロハンテープでも剥がせます。

画像のように、テープを上から貼り付け、テープと一緒にタトゥーシールを剥がします。ちなみに、ガムテープなどでも代用可能です。当然ですが、粘着力が強いテープだと、剥がす際に痛いのでご注意ください(笑)

手順

  1. タトゥーシールの上から、テープを貼り付けます。
  2. 爪で擦り、テープにタトゥーシールをくっつけます。
  3. テープを剥がすと、一緒にタトゥーシールも剥がれます。

特徴(メリット・デメリット)

  • メリット:他の方法に比べると一番早く剥がすことができます。
  • デメリット:毛がある部位を剥がす際は、痛みを感じます。

④ クレンジング(メイク落とし)で剥がす

クレンジングでシールをはがす

クレンジング(メイク落とし)でも、基本的にタトゥーシールを剥がすことができます。

オイル・クリームのタイプであれば、①のように肌になじませる形で剥がしましょう。※ただし、クレンジングオイルに比べると、クリームはタトゥーシールがふやけるまで時間がかかります。そのため、同時にコットンを使ってゴシゴシ擦るのがオススメです。

液体状やジェルタイプのものであれば、②のようにコットンに湿らせて、こすり落とせます。同様に、拭き取りシートのタイプでも、そのままゴシゴシとこすって落としましょう。※こすって落とす場合、ヒリヒリする痛みがあります。

特徴(メリット・デメリット)

  • メリット:(女性であれば)普段使っているメイク落としで、すぐにトライできる!
  • デメリット:製品によってパフォーマンスが全然違います。必要以上に苦戦する可能性もあります。

⑤【道具がない場合】お湯と石鹸(ボディソープ)で剥がす

お湯でタトゥーシールをはがす

①〜④までは、何かしらの道具が必要でした。

しかしながら、決して道具がなければ剥がせないわけはございません。

セロハンテープもメイク落としもない場合は、お湯と石鹸(ボディソープ)を使って剥がすことができます。当然ですが、①〜④の方法に比べると道具を使っていないので、綺麗に落ちるまで時間が掛かります。

手順

  1. お湯を使える場所を確保する。※シャワーでも水道でもOKです。
  2. シールの部分に、5分〜10分ほどお湯を当てる。(お湯は、お風呂くらいの温度で大丈夫です。)
  3. タトゥーシールがふやけたら、ボディソープを使ってこすってください。このとき、スポンジやボディタオルを使えば、もっと簡単に落とすことができます。

特徴(メリット・デメリット)

  • メリット:お湯と石鹸(ボディソープ)があればOK。男性にとって特別な道具がいらないのは嬉しい。
  • デメリット:他の方法に比べると少し落としにくい。加えて、お湯の水道代とガス代が少しかかります。

痛みについて 〜結局どの方法が良いの?〜

悩む女性

今回、筆者は全ての方法を試しました。以下、個人の感想です。

その結果、やはり①のオイルを使う方法が圧倒的に剥がしやすかったです。全く痛みがなく、かつ一番綺麗にタトゥーシールを剥がせました。

除光液やメイク落としでも綺麗に剥がせますが、思っていたよりも苦戦しました。ゴシゴシとこすっていると、途中でヒリヒリする痛みがありましたね。※日焼けの後などは要注意ですね。

③のテープを使う場合、毛がある部位だと引っ張られる痛みがあります。そのため、事前に毛の処理をするのがオススメですね。毛がなければ、テープはあまり痛くありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

このようにタトゥーシール(フラッシュタトゥー)の剥がし方は、実は色々な方法があるのです!

筆者としては、オイルを使う方法がオススメです。

しかしながら、オイルが手元にない場合がありますし、そんなときは是非この記事を参考に剥がしてみてくださいね。

スポンサードリンク